九州で 最初に 電話交換を 開始した

きゅうしゅうでさいしょにでんわこうかんをかいしした

長崎電軌 築町つきまち電停の西そば、水路のカーブを整備した時にできたような空き地に、郵便ポストと並んで石柱が建つ。

長崎にお住まい・おつとめのみなさまへ

写真を撮って送ってくださると、ハンターがたいへん喜びます。どうぞよろしくお願いいたします。

写真


碑文

九州で最初に電話交換を開始した

長崎電話交換局之跡

長崎電話交換局之跡

長崎で電話交換業務が始められたのは明治32年(1899)4月1日で、九州では最初でした。交換業務は昼間は女性、夜間は男性が勤めましたが、明治36年(1903)には女性だけとなり、市民から「紫式部」(和服に紫の袴着用)と呼ばれ、もてはやされました。

地図

地図

長崎市出島 付近 [ストリートビュー]