沖縄県 電信電話 発祥の地

おきなわけんでんしんでんわはっしょうのち

日本郵政グループ那覇ビル(那覇市東町26-29)の敷地 南西隅に、道路に面して石碑が建つ。碑文などはない。同ビルは旧郵政省沖縄郵政管理事務所、総務省沖縄総合通信事務所、旧日本郵政公社沖縄事務所、同沖縄支社と変遷し、民営化後に現在の名称となっている。

郵政省はその昔の逓信省。2001年に自治省・総務庁と合併して総務省となるが、通信行政の所管官庁だ。電電公社が民営化し、郵便局も民営化したが、碑だけが旧郵政省の敷地に残ったことになり、時代と組織の変遷を思わせる。

なお、バーコードのようなものはモールス信号になっていて、仮名にすると「て゛んしん」となっている(濁点も1文字となる)。

写真

  • 沖縄県電信電話発祥の地
  • 沖縄県電信電話発祥の地 コード部
  • 沖縄県電信電話発祥の地 背面
  • 沖縄県電信電話発祥の地
  • 沖縄県電信電話発祥の地
  • 日本郵政グループ那覇ビル(東町郵便局)

碑文

沖縄県電信電話発祥の地

[・−・−− ・・ ・−・−・ −−・−・ ・−・−・]

電信 明治29年10月
電話 明治43年2月

昭和55年10月23日
沖縄電信電話管理局 由田欣一

地図

地図

那覇市東町 付近 [ストリートビュー]