神戸 電信 発祥の地

こうべでんしんはっしょうのち

メリケンパークの東側に神戸港第一突堤がある。 この突堤への入口である“京橋”交差点のすぐ南側、NTTドコモビルの敷地の一部が区切られた形で発祥碑が建っている。隣りには「史跡・海軍操練所跡」の碑がある。

日本で初めて“電信”が商業的に使用されるようになったのは 1969(明治2)年のことで, 東京~横浜間が開通し 電報の取扱を開始した。
その翌年, 大阪(川口電信局)と神戸のこの地(神戸伝信機局)の間(40km)に 開通した。 これが 関西地方における電信の発祥である。

明治期における電気通信は“電信”で始まった。低い電柱(電信柱)に 2本の裸電線を架けて長い距離を延々と引っ張り, トン・ツーのモールス信号で通信を行った。電信の開通日には, 初電信で針金に手紙が伝わってくると思った沿道の人たちが 一日中空を仰いで見上げていた, と伝えられる。

明治10年に始まった西南戦争では, 前線と東京政府との間の通信もこの電信で行われたので、わりと早い時期に熊本での電信が始まっていた。まだ 九州~東京間でを直接通信することはできず, 途中数ヶ所に中継所があって オペレータが一旦文字になおし, それを 再び送信することで リレーしていったという。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/comm/densin-kobe.htm

碑文

神戸電信発祥の地

近畿電気通信局
  佐々木卓夫書

明治3年 この所に神戸伝信機局が置かれ
8月20日大阪との間に始めて通信が行われました。
開局30周年を記念してこれを建てる。

昭和34年9月

神戸中央電報局
協賛 神戸商工会議所
   神戸テレタイプ協会

神戸電信発祥の地 碑

地図

地図

中央区新港町 付近 [ストリートビュー]