電信 創業之地(東京)

でんしんそうぎょうのち

明石町・あかつき公園の向かい側交差点、公団住宅の植え込みの中に碑が建っている。 上段に昭和12年に建てられた碑が、下段に昭和53年(1978) に碑を移設した時に作られた由来碑がある。

碑文にもあるように、ここは 横浜市との間でわが国最初の電信が行われた場所で、横浜にも同名の碑がある

写真

  • 電信創業之地(2003)
  • 電信創業の地
  • 電信創業の地
  • 電信創業の地 碑文
  • 電信創業の地

碑文

電信創業之地

東京電信局跡
明治二年十二月廿五日開始

紀元二千六百年
逓信省

電信創業記念碑の由来

明治2年9月19日(太陽暦10月23日) 横浜裁判所と 東京築地 運上所内に設けられた 「電信機役所」を結ぶ 約32キロメートルの電信線架設工事が開始され, 同年12月25日に業務を開始した。これが, 我が国における 公衆電気通信の最初である。
この記念碑は, 先駆者の業績を後世に伝えるため, 昭和15年に建立されたもので, 昭和53年, 南南東約40メートルの地点から 当地へ移設されたものである。

地図

地図

中央区明石町 付近 [ストリートビュー]