今治 電信 発祥の地

いまばりでんしんはっしょうのち

JR予讃線の今治駅から東北東に1km。辰の口公園の北西端から北西に伸びる道路に面してある“ごんべ食堂”の入口横壁面に「今治電信発祥の地」と書かれた金属プレートが貼り付けられている。

東京~横浜間で電信が開始されたのは1869(明治2)年。1873(明治6)年には東京~長崎間の幹線が開通し、これを軸として国内電信網が整備されていった。岡山に電信局が開設されると、ここから分岐して四国への電信線建設が計画され、岡山県~香川県の海底電線が敷設され、1876(明治9)年に香川県丸亀での電報業務を開始。

1878(明治11)年に入ると電信線は愛媛に延伸され、今治・松山に電信分局を開設。同時に開局した。

今治の電信分局の建物は西洋式の2階建てでモダンな外観をしていたと伝えられる。局にはモールス電信機が置かれ、技手・技術員などが勤務した。当時の電報の発信数は年間 1857通(明治27年)だったという。1929(昭和4)年に局舎が広小路に移転するに伴い、この地での業務を終えた。

蛇足だが、このこんべ食堂は2015年2014年3月30日に閉店。古い建物であるためいずれ取り壊され、発祥碑も撤去されてしまうのではないかと気がかりである。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/comm/DensinImabari.html

碑文

今治電信発祥の地

明治11年9月25日、ここに今治電信分局が設置され、愛媛県で初めてモールス通信による電報の取扱いが開始された。

日本電信電話公社発足20周年を記念してこれを刻む。

昭和47年10月23日
日本電信電話公社


明治11年=1878年

地図

地図

今治市通町1丁目 付近 [ストリートビュー]