市川 電信 電話 創業の地

いちかわでんしんでんわそうぎょうのち

京成電鉄 国府台駅から 南に250m。国道14号千葉街道の“市川広小路”交差点と国府台こうのだい駅のほぼ中間。道路の西側は工場跡地で現在は更地になっていてフェンスで囲まれているが、その間に古びた碑が建っている。

追記 2017.6

長らく空き地だった当地には、2014年頃から工事が始まり、食品加工会社の研究所が建った。工事中はずっと鉄フェンスの内側に碑が存在していたようだが、完成後はどのようになったか今のところわからない。ただし、もともと山崎製パンは協賛者として名を連ねているので、きっとどこか見える場所にあるものと思われる。

山パンクリエイションセンターにお勤めの方は、ぜひ写真を撮って送ってください。ハンターがたいへん喜びます。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/comm/IchikawaDenDen.htm

碑文

市川電信電話創業の地

電報は明治40年(1907)3月31日
電話交換は大正5年(1916)12月16日
この地(旧市川郵便局跡)において
はじめて取扱われました

日本電信電話公社

昭和53年12月16日建立
    市川電報電話局

(協賛)

  • 市川商工会議所
  • 市川市観光協会
  • 山崎製パン株式会社

地図

地図

千葉県市川市市川3丁目 付近 [ストリートビュー]