日本 考古学 発祥の地

にっぽんこうこがくはっしょうのち

JR京浜東北線の 大森駅(JK18)ホームに, この石碑が建っている。正面に「日本考古学発祥の地」と書かれ, 側面には「E.S.モース発掘100周年記念建立」とあって 説明が書かれている。

日本の考古学発祥の地

碑の上に“深鉢式土器”の模型が載せられている。 大森貝塚は, 大森駅から 北に200m程の, NTTデータビルの 裏の方に回り込んだところのJR線路沿いにあり, 大きな石碑が建てられている。(見学時間に限りがあるので注意)

また 更に 200m北に行くと「品川区 大森貝塚遺跡庭園」があって, ここにも 大森貝塚の石碑が建てられている。

【関連】日本考古学発祥の地 国指定史跡大森貝塚我国最初之発見 大森貝墟

写真

  • 日本の考古学発祥の地
  • 日本の考古学発祥の地
  • 日本の考古学発祥の地 側面

碑文

日本考古学発祥の地

E.S.モース発掘100周年記念建立
アメリカの動物学者モース博士が1877(明治10年)横浜より新橋に向かう汽車の窓から 大森貝塚を発見し, これが契機となって日本の考古学が発達しました。 このブロンズは当貝塚出土の土器を約2倍に拡大したものです。

1979年12月  東京大森ロータリークラブ

東京大森ライオンズクラブ
東京都大森貝塚保存会

地図

地図

大森駅 付近 [ストリートビュー]