我国最初の エレベーター 専門工場 誕生の地

えれべーたーせんもんこうじょうたんじょうのち

京浜東北線 蒲田駅から南1kmほどの所に 9階建ての集合住宅 ルネ蒲田ガーデンステイツ(大田区仲六郷1丁目)がある。その南側の公開緑地付近の歩道際に石碑が建っている。

この石碑は,東洋オーチス・エレベーター社(当時)が日本でエレベータの製造を行うために,この地に工場を開設したことを記念するもの。オーチス・エレベーターは本社がアメリカ・コネチカット州にある,世界最大のエレベータメーカー。

明治29年(1896)
わが国初のエレベーター(米国製)を日本銀行本店に納入
大正3年(1914)
わが国初のエスカレーター(米国製)を日本橋三越呉服店に納入
昭和2年(1927)
オーチス・エレベーター・カンパニー日本支社を開設
昭和7年(1932)
東洋オーチス・エレベーター㈱を設立
我が国最初のエレベーター一貫生産工場「蒲田工場」建設開始
昭和8年(1933)
蒲田工場完成
国産エレベータ第一号機を静岡赤十字病院に納入
昭和4年(1973)
日本オーチス・エレベータ㈱に社名変更
松下電器産業株式会社と販売提携
昭和59年(1984)
千葉県・芝山工場を建設して生産を移管。蒲田工場閉鎖
平成17年(2005)
パナソニック(松下電器産業)との業務提携を解消

国内のエレベータ会社のシェアは,三菱電機・日立製作所・東芝エレベータ に次いで,第4位に日本オーチス・エレベータがある(2007)。

写真

  • 我国最初のエレベーター専門工場誕生の地
  • 我国最初のエレベーター専門工場誕生の地
  • 我国最初のエレベーター専門工場誕生の地

地図

地図

大田区仲六郷1丁目 付近 [ストリートビュー]