とんこつ発祥の地

とんこつはっしょうのち

久留米駅前のバスロータリーに、屋台ラーメン店のモニュメントを乗せた碑が立つ。

参考

写真


碑文

とんこつ発祥の地

とんこつラーメン発祥の地 久留米

九州独特のスープが白濁した豚骨ラーメンは、1937(昭和十二)年に久留米市の明治通りの屋台「南京千両」で誕生した。店主の宮本時男さんが、横浜の中華街や東京で支那そばを研究し、郷里の長崎チャンポンのスープを参考に豚骨スープを完成させた。
その十年後の1947(昭和二十二)年、同じ久留米の屋台「三九」の杉野勝見さんが、より白濁した豚骨スープのラーメンを売り出し人気を呼んだ。このスープは買出しに出た際、留守番の母がうっかり長時間、強い火力で沸騰させてしまい濃く白濁してしまった。しかし開店時間が迫っていたため捨てずに味付けしてみると、実に深いコクがあったというもの。
こうして偶然から生まれた豚骨ラーメンを、ほかの屋台や店も売り出すようになり、やがて全九州へと広まっていった。

久留米ラーメンルネッサンス委員会
2011年久留米市へ寄贈

地図

地図

久留米駅 付近 [ストリートビュー]