光通信 発祥の地(片平)

ひかりつうしんはっしょうのち

仙台駅の南西1km。東北大学片平キャンパス内の電気通信研究所前に 「光通信発祥の地」と刻まれた 黒い御影石の碑が建っている。また ここから500mほど西 東の 東二番丁通り 五ツ橋交差点近くの路上に「光通信発祥の地」と書かれた案内標識が見られる。 このような形式の標識は 大変珍しい。

この発祥碑は, 元東北大学学長(現首都大学東京学長)の西澤潤一教授による 光通信関連のいくつかの業績を讃えて, 元スタンレー電気社長の 手島透氏によって 建てられた。西澤教授が 東北大電気通信研究所時代に研究・開発した先駆的な技術は 次のようなものがある。

  • PINダイオードの開発
  • 静電誘導型(SIT)トランジスタの開発
  • 静電誘導サイリスタの開発
  • イオン注入法の開発
  • 半導体材料の完全結晶育成法の開発
  • アバランシェフォトダイオードの開発
  • 半導体レーザーの発明
  • 高輝度発光ダイオード(赤・緑)開発
  • 光ファイバーの発明

西澤氏は“ミスター半導体”あるいは“光通信の父”などとも呼ばれ, 1989(平成元)年に 文化勲章を受章している。

なお, この発祥碑とは別に, 川内キャンパス内にある西澤記念資料室(入試センター棟)前にも同じ文面の碑がある

半導体研究振興会(仙台市青葉区荒巻)にも 同じ名前の碑 「光通信発祥の地」が建てられている。
(以降、2018年追記)……とWikipediaなどに書かれるなどされるが、2008年に解散した半導体研究振興会のウェブサイトに使用されていた写真は、川内キャンパス入試センター棟前にある石碑の写真であり、このインターネット時代に探せども画像のひとつも出てこず話題も発見できないとなると、その存在はきわめて怪しい。

写真


旧URL
https://www.hamadayori.com/hass-col/comm/HikariTusin.htm

碑文

光通信発祥の地

THE CRADLE OF OPTICAL COMMUNICATION

  心を込めて
    妻みつ子の霊と共に
           手島透

Professor Jun-ichi Nishizawa's Inventions and Distinguished Contributions in Optical Communication

1950 pin photodiode together with ion-implantation,
   pin diode, pnip transistor, SIT
1952 Avalanche photodiode
1957 Semiconductor injection laser (external resonance)
1958 Tunnell diode
1960 Photo-coupler
   Semiconductor laser (internal resonance)
1964 Fiber communication and graded index fiber
1965 Semiconductor Raman laser
1966 Laser flip-flop
1972 Vapor pressure control in the processing of Ⅲ - V compounds

光通信発祥の地碑

地図

地図

仙台市青葉区片平2丁目 付近