毛馬内氏 発祥の地

けまないしはっしょうのち

花輪線(十和田八幡平四季彩ライン)十和田南駅から北に2.5km。十和田町の市街地の北のはずれに“毛馬内運動公園”がある。公園の南端に「毛馬内氏発祥の地」と 刻まれた 新しい石碑が建つ。

鹿角かづの市は十和田湖の南,鹿角盆地にあり,1972(昭和47)年に 花輪町・十和田町・尾去沢町・八幡平村の4町村が 合併して誕生した市である。鹿角一帯は戦国時代に,鹿角四頭(成田氏・奈良氏・秋元氏・阿保氏)の支配下だったが, 江戸時代は南部藩に属した。

毛馬内氏は 南部秀範を祖とする家である。秀範は16世紀に 鹿角郡代としてこの地に赴任し, 毛馬内城を居城とし「毛馬内氏」を称した。

この地は 当麻館(毛馬内古館)の跡で,小坂川東岸の南に張り出した丘陵の先端にある平山城だったが, 17世紀になって ここから1kmほど南に新しい館(柏崎館)を築き,ここに新しく町割りを行い 小さいながらも計画的に整備された城下町を造った。

現在もその町割りが残っていて,2008年(平成20年)8月には“十和田毛馬内地区の町割整備400年”の記念祭を盛大に開催した。 この発祥碑は その際に建立されたばかりの新しい碑である。

写真


旧URL
https://www.hamadayori.com/hass-col/uji/Kemanai.htm

碑文

毛馬内氏 発祥の地

元文五年(1536年)
南部藩二二代藩主正康公五男
信次君・秀範,二〇〇〇石を
玉わり 毛馬内姓を名乗り
鹿角郡毛馬内の庄を治める

  毛馬内新城 四〇〇年祭を
      記念して建立する

  毛馬内割り
    四〇〇年祭実行委員会
      毛馬内誠一
      毛馬内教夫
      毛馬内勇士
      毛馬内道夫
   平成二十年八月二十日


「玉わる」とは珍しい表現だがちょっと調べただけではわからなかった

毛馬内氏発祥の地碑

地図

地図

鹿角市十和田毛馬内字古舘 付近