国産 レモン 発祥の地

こくさんれもんはっしょうのち

尾道市のはずれ、しまなみ海道のど真ん中の生口いくち島の瀬戸田町。国道317号と多々羅大橋を連絡する自転車道に建つ。

瀬戸田 垂水 国産レモン発祥の地の石碑_瀬戸田@瀬戸田の景色.jpg瀬戸田 垂水 国産レモン発祥の地の石碑_瀬戸田@瀬戸田の景色.zip

写真


碑文

国産レモン発祥の地

〜せとだ・エコレモン〜

尾道市瀬戸田町のレモン栽培は、明治時代から行われていたと言われています。「レモン谷」と呼ばれている垂水地区の一帯を中心にレモンブームを巻き起こし、昭和三十八年には生産量約九百トンを誇る日本一のレモン産地となりました。

昭和三十九年の輸入レモン自由化により、国産レモンは壊滅的な打撃を受け、生産者はレモンの伐採を余儀なくされましたが、輸入レモンのポストハーベスト農薬が問題になり、国産レモンの安全性が見直され、レモンを新植しいち早くレモン産地として復活を成し遂げました。

平成十五年第八回環境保全型農業推進コンクールにおいて、優秀賞を受賞、平成二十年広島県特別栽培農産物に認定され誇りを持って全国にお届けしています。

平成二十四年五月吉日
せとだレモン生産者

地図

地図

多々羅大橋 付近 [ストリートビュー]