スポチャン発祥の地

すぽちゃんはっしょうのち

東海道線 由比駅から 北に2km。清水区役所由比支所から北に約1km上ると,阿蘇宇神社(静岡市清水区由比阿僧64)がある。神社の境内に建つ高さ3mほどの石碑に「スポチャン発祥の地」と刻まれている。

「スポチャン」とは「スポーツチャンバラ」のこと。

子供のころ 棒切れを手にして野山を駆け回った“チャンバラごっこ”をベースに, 新しく安全な用具を開発して,誰でもが理解できる単純なルールを定め,老若男女にとって“安全で自由な”スポーツとしてのチャンバラができあがった。用具(武器)は “エアーソフト剣”と称する柔らかい棒状のもので,その中身は空気。

スポチャンを考案したのは,横浜で警備会社を経営する 田邊哲人氏 (後の国際スポーツチャンバラ協会会長)。昭和46年(1971),小冊子『護身道』を発刊し,“護身道”という名前で始まり, その後「全日本護身道連盟」を発足させ,これが“国際スポーツチャンバラ協会”と改称, 国内外で会員15万人を超えるまでに普及。

ところで,なぜここ由比の小さな神社が スポチャンの発祥の地なのだろうか。 どうやら 少年時代を由比町で育った田邊会長がこの神社境内で友人たちと“チャンバラごっこ”をしたのがスポチャンの起源である,という意外な理由であるらしい。
「最初のスポチャンの試合がこの神社の境内で行なわれた」というようなエピソードを期待したのだが,「スポチャンの創始者が子供時代に遊んだ場所」が発祥の地とは,いささか脱力の感があるが、源流であることにはかわりがない(笑)。

写真


地図

地図

静岡市清水区由比阿僧 付近 [ストリートビュー]