本邦 帝王切開術 発祥之地

ていおうせっかいじゅつはっしょうのち

西武秩父線 正丸駅から 北に1.5km。飯能の山の中。正丸トンネルの少し南に, 国道299号に面して立派な石碑が建っている。

日本における帝王切開は, 1852(嘉永5)年に 秩父郡我野正丸(現在の埼玉県飯能市坂元)で行われたのが 記録に残る最初の例である。詳しい事情は 碑文でほぼ明らかだが, 陣痛から3日経っても生まれない難産で 胎児は子宮内で死んでしまったため, 母胎を救うために 手術分娩に踏み切ったとされる。 手術後 母親は感染による発熱や腸閉塞で苦しんだが, 2カ月で全治したという。この後, 第2例目の帝王切開は 30年後の1882年に 千葉県佐原で行われた。

当時 帝王切開の安全性は非常に低く, 19世紀のヨーロッパにおける 母親の死亡率は 75%にもおよんだ。出血と手術後の細菌感染が原因だった。 そのような状況で, 伊古田純道・岡部均平の両医師が, このような山深い土地で 麻酔すら無い中で, 果敢に手術を行い 成功させたのは 奇跡的な出来事であった。

ちなみに 嘉永5年といえば, 黒船来航の翌年のことである。

現在も 本橋家には帝王切開が行われた部屋(納戸)が残されている。「本邦帝王切開術発祥の地」の記念碑は 飯能市の史跡に指定されている。

語源

「帝王切開」とは 産婦の子宮を切り開いて胎児を取り出す手術法のこと。 英語で "Caesarean Operation" と呼ばれるが, これを “シーザーの手術”と訳して, 「ローマ皇帝・ジュリアス・シーザーがこの手術に よって生れたので『帝王切開』と呼ぶ」とする説により, 日本では「帝王」の名前がついたが, 現在では 「切開によって生まれた」を意味するラテン語から来たとする説が有力。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/medical/Teiosekkai.htm

地図

地図

飯能市坂元 付近 [ストリートビュー]