天登雁村 鬼鹿村 発祥の地

てんとかりむらおにしかむらはっしょうのち

当地 小平おびら町鬼鹿広富に、天登雁てんとかり村と鬼鹿おにしか両村の戸長役場が設置されたことに由来。当初より2つの村は一緒くたに扱われていたようだが、1906年(明治39年)に合併して鬼鹿村となり、1956年(昭和31年)には小平村に編入され現在にいたる。

鬼も鹿もいなかったと思われるが、森林の中を流れている川という意味のアイヌ語「オニウㇱカペッ (o-ni-us-ka-pet)」に由来すると考えられている。

それにしても、小平町はずいぶん立派な石碑を建てる。

写真


碑文

天登雁村鬼鹿村発祥の地

地図

地図

小平町鬼鹿広富 付近 [ストリートビュー]