寺子屋 発祥之地

てらこやはっしょうのち

留萌市の北40km。苫前町の市街地に入り国道232号から一つ海岸寄りの裏通りに入ると, 一見何の変哲もない民家の前に 「寺子屋発祥の地」とだけ書かれた碑が建っている。

明治初年に苫前への入植が行われ, 明治9年(1876)苫前出張所勤務となった札幌病院の村山謙造医師が, 自宅で読み・書き・算数を教えたのが苫前における教育の始まりとされる。その後, 1883(明治16)年に, 稲荷堂を仮校舎として 苫前小学校が創設された。

「寺子屋発祥の地」は昭和55年(1980)9月に苫前町の史跡に指定されている。

余談だが, かつて 苫前には 旧国鉄の羽幌線が通っていた。留萌駅から 海岸を北上して宗谷本線の幌延駅まで141km。着工したのは1927(昭和2)年だったが, 全線が開通したのは 1958(昭和33)年。しかし 炭鉱の廃山や人口の減少のため, 1987(昭和62)年に廃線となった。現在でも 国道232号を走っていると, ところどころに 明らかに廃線跡と思われる 地形を見ることができる。旧苫前駅は 現在の郷土資料館付近にあった。

写真


旧URL
https://www.hamadayori.com/hass-col/education/TomamaeTerakoya.htm

碑文

寺子屋発祥之地

発祥碑が建つ建物

地図

地図

苫前町三豊 付近 [ストリートビュー]