群馬県 高等 女学校 発祥の地

ぐんまけんこうとうじょがっこうはっしょうのち

 
調査:
2004年11月 (写真提供 H.O.さん)
2018年5月

JR信越線の北高崎駅から南東におよそ500m。高崎市立図書館の玄関前。平板状の大きな白い石に赤褐色のプレートを2枚貼り付けた、独特の形式の石碑が建つ。

1898(明治31)年この地に「群馬県高等女学校」が開校され、その後「群馬県立高等女学校」「群馬県立高崎高等女学校」を経て、戦後「群馬県立高崎女子高等学校」となる。1982(昭和57)年に高崎市稲荷町に移転して、現在に至る。

再訪

その後、図書館として使われていた旧校舎は図書館移転に伴い取り壊され、文化会館の駐車場として再整備された。石碑はとくに移動もなくその場にたたずんでいる。

参考

写真

  • 群馬高等女学校発祥の地
  • 群馬高等女学校発祥の地
  • 群馬高等女学校発祥の地 碑文
  • 群馬高等女学校発祥の地
  • 群馬高等女学校発祥の地
  • 群馬高等女学校発祥の地 追記
  • 群馬高等女学校発祥の地
  • 群馬県高等女学校 発祥の地(2018)
  • 群馬県高等女学校 発祥の地(2018)

碑文

群馬県高等女学校 発祥の地

明治三十二年五月一日
県下最初の県立高等女学校として 群馬県高等女学校この地に創設される
明治四十五年四月
群馬県立高崎高等女学校と改称
昭和二十三年四月
学制改革により 群馬県立高崎女子高等学校となる

ここに開校八十周年を記念して碑を建てる

昭和五十四年五月
群馬県立高崎女子高等学校同窓会

地図

地図

高崎市末広町 付近