九段精華学校 発祥地

くだんせいかがっこうはっしょうち

2007年(平成19年)に千代田区役所は九段南1-2-1に新築された九段第3合同庁舎に移転し、かつての千代田区役所(九段南1丁目6-11)は取り壊された。その千代田区旧庁舎に都道から向かって右手、西側の端に石碑が建っていた。ここにあった3つの石碑「日本体育会体操学校之碑」「愛國婦人会発祥碑」「九段精華学校発祥地」は、取り壊し〜国家公務員共済病院(九段南1丁目6-12)の建設に伴い、病院裏手のお堀端の千代田会館寄りにまとめて移設され人目につきにくくなった。

明治38年(1905)寺田勇吉により九段精華学校として創立、明治44年(1911)には九段精華高等女学校を開校し改称。並びには九段会館(平成23年(2011)廃業)もすでにあった。戦争時代になっても英語教育があったりスカートだったり、なかなかハイカラな女学校として存在していた。

昭和20年(1945)空襲により校舎焼失、廃校。

「千代田区女性史 第2巻(ドメス出版 , 2000.3)」にも語られているようだ。

p.104で、空襲に被災した日(3月9日~10日)がわかる。p.136に「空襲により校舎が全焼したため校長が廃校宣言し、敗戦とともに校舎跡地は米軍に接収され、モータープールとして使われた。学校関係者は接収解除の嘆願書を持って米軍司令部、関係官庁をまわり奔走したが、復校ならず、最後の第30回、31回卒業生は焼け跡で涙ながらに校歌を歌い卒業式をした。その後同窓会が財団となり学校の財産を継承し、育英事業にのりだし、大学生、高校生の奨学制度を実施した」との記述あり。

レファレンス協同データベース

twitterではこのような写真を発見。

碑文にある「財団」は、昭和38年(1963)に発足、卒業生の子弟に奨学金を出していた。

石碑の話にもどると「昔はもっと立派な碑がライトアップもされていたのに」との記憶もあるようだが、写真等の視覚的資料は見当たらなく残念。

参考資料

写真

  • 解体中の九段会館
  • 九段精華学校 発祥地
  • 九段精華学校 発祥地 背面
  • 九段精華学校 発祥地 側背面
  • 九段精華学校 発祥地
  • 国家公務員共済病院裏 お堀端 向こうに日本武道館

碑文

九段精華学校 発祥地

平成八年六月

    九段精華同窓会
財団法人 九段精華財団 建之

青山 石勝刻

地図

地図

九段南1丁目 付近