瀬戸高等女学校 瀬戸高等学校 開学の地

せとこうとうじょがっこうかいがくのち

愛知環状鉄道 瀬戸市駅の東口駅前ロータリーと駐車場の間の植え込みに、自然石に大理石のパネルを埋め込んだ三角形のおにぎり型の石碑が建っている。

瀬戸高等女学校は、1923(大正13)年に瀬戸町立としてこの地に設立された。1929(昭和4)年に県立に移管されて「愛知県立瀬戸高等女学校」となり、学制改革により1948(昭和23)年「愛知県立瀬戸高等学校」。翌年から男女共学となる。

1963(昭和38)年国鉄岡多線(現 愛知環状鉄道)建設のため、現在地(瀬戸市東山町)に校舎を新築し移転、現在に至っている。

写真


地図

地図

瀬戸市駅 付近 [ストリートビュー]