「茨城」の地名 発祥の地

いばらきのちめいはっしょうのち

情報求
調査:
どなたか見てきてください!

常磐線 石岡駅の南、県道118号 高浜街道沿いの、山内文化堂と看板が出ている建物の脇に、教育委員会が設置した看板がある。

茨城という地名は、原住民の住処を茨の木で作った城(=柵)で塞いだ上で駆逐したことが常陸国風土記に記載されていることに由来しているとのこと。

以前には昭和六十年の日付で石岡市教育委員会と石岡市文化財保護審議会の連名による表示があったが、風化したため取り替えられたようだ。内容は同一だが文化財保護審議会の名称は書かれなかった。

目印となっていたスーパーやまうち石岡店は2018年(平成30年)4月に閉店した。

写真


碑文

茨城いばらき」の地名ちめい発祥はっしょうの地

茨城県の「茨城」という地名の発祥の地は、石岡市茨城付近といわれる。その由来ゆらいについて、『常陸国ひたちのくに風土記ふどき』の茨城いばらきこおりくだりには、次のように記されている。
昔、このあたりには山の佐伯さえき、野の佐伯という凶暴きょうぼうな土ぐもが、山の斜面やがけなどにあなを掘って住んでいた。里人さとびとのすきをうかがっては、多くの仲間をひきいて、食物や着物をうばったりすることから、付近の里人は大変こまっていた。
そこで、黒坂命くろさかのみことという人が、土ぐもの退治たいじにのりだし、土ぐもらが穴から出ているときを見はからって、野茨のいばらで穴の入口をふさいで(柵)をつくってしまった。そして、山野に出ていた土ぐもを攻撃こうげきしたところ、土ぐもたちは、いつものように穴にもぐり込もうとして、茨につきあたったり、引っかかったりして傷を負い、山の佐伯、野の佐伯も退治されてしまった。
茨で城(柵)をつくって土ぐもを退治したことから、このあたりを茨城と呼ぶようになったというのである。

平成二十二年三月 石岡市教育委員会

看板には、常陸国風土記の原文とみられる漢文も引用されているようだ。

地図

地図

石岡市茨城一丁目 付近 [ストリートビュー]