印西 郵便 発祥之地

いんざいゆうびんはっしょうのち

 
調査:
2020年4月(写真 まさ・なち さん)

成田線 木下きおろし駅の東。電柱らや標識柱やらが集まるところに小さく用地(印西市木下1482)が確保され、郵便ポスト(ポスト番号58)の脇に石碑が収まっている。

明治5年(1872)木下(きおろし)郵便取扱所が当地にに開設された。明治26年(1893)に木下郵便電信局となり、昭和32年(1957)に印西郵便局に改称。平成5年(1993)に移転した。

写真

  • 印西郵便発祥の地 背面
  • 印西郵便発祥の地

碑文

印西郵便発祥之地

□□衆議院議員 水野 清

沿革

明治五年七月一日この地に木下郵便取扱所が開設された初代郵便取扱人は吉岡吉太郎である明治二十六年三月一日電信業務の取扱いを開始した

平成元年逓信記念日建之

(芳名多数)
印西郵和会
印西公衆電話会

「□□」部分は教養が不足していて読み取れません。
どちら様かご解読の上、ご教示くださいますと助かります。

地図

地図

印西市木下 付近 [ストリートビュー]