維新 発祥之地

いしんはっしょうのち

JR山陽本線の長府駅から南南東に2km余り。忌宮神社から参道(鳥居前通り)を200mほど直進した三叉路に、大きな自然石の発祥碑が建つ。

碑文には「……蛤御門の変,長州征伐と長州藩は激動と苦難の道をたどることになるが,元治元年(1864)功山寺における高杉晋作,回天の挙兵により歴史は大きく展開し、やがて明治維新を迎える事になる。」と簡単に書かれているが、この当時の状況の変化はまことに目まぐるしいものがあった。特に“回天義挙”をきっかけに長州藩が尊攘になり、薩長同盟の下地ができ、やはて明治維新の導火線となった。

1863年、長州藩による下関における外国船攻撃。敗北。
    高杉晋作、奇兵隊を組織。
1864年、政変により長州藩が京都から追放。
    長州藩は蛤御門の変で敗北して朝敵となる。
    英・仏・米・蘭の4カ国連合艦隊が下関を砲撃、砲台を占拠。
    高杉晋作4カ国との交渉に当り講和条約の正使として活躍。
    禁門の変。藩政は俗論党に占められる。
    高杉晋作奇兵隊等の決起を促して挙兵。
    (クーデター。いわゆる“回天義挙”)
1965年、長州藩から俗論党が一掃される。
1866年、坂本龍馬を仲介として薩摩藩との間に薩長同盟を結ぶ。

維新発祥之地碑

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/history/Ishin.htm

碑文

維新発祥之地

維新発祥の地記念碑について

 城下町長府には、西暦193年、仲哀天皇、神功皇后により豊浦の宮が築かれた由来から、忌宮神社が創建され、数々の神事が継承されている。

 大化2年(646)には、長門の国府として長府と呼ばれるようになり、その後長門鋳銭司や国分寺が設置され繁栄を続けてきたが中世には長門守護所、長門探題も設けられ、政治的、軍事的拠点として重要な役割を果たしてきた。
 慶長5年(1600)、関ヶ原の役後、毛利秀元が長府5万石の城主として入府以来、武家屋敷の町として平和な藩政時代を過してきたが、幕末に到り俄然、倒幕拠点の地として目覚め脚光を浴びてくる。

 文久、元治の馬関攘夷戦、七卿の来府、蛤御門の変、長州征伐と長州藩は激動と苦難の道をたどることになるが、元治元年(1864)12月15日、功山寺における高杉晋作、回天の挙兵により歴史は大きく展開し、やがて明治維新を迎える事になる。

 思うに長府は、古来から西日本における枢要の地として、広く維新の偉業を繰返してきたが、特に高杉晋作の回天義挙により、明治維新発祥の地として世に高く評価され伝承されてきた。

 また付言するならば、世界的名声を博した狩野芳崖、乃木大将の出身地でもある。

 昭和60年の初春にあたり、今ここに地元の有志相集い、史跡、文化財を伝えるため、維新発祥の記念碑を建立し、城下町長府の未来への発展を切に願うものである。

    昭和60年3月

              長府観光協会
              長府自治連合会
              下関長府ライオンズクラブ
                題字 泉田芳次
                本文 中原郁生

地図

地図

下関市長府中浜町 付近 [ストリートビュー]