経済学部 発祥の地

けいざいがくぶはっしょうのち

JR紀勢本線 宮前駅から西に1.5km。“和歌山大学松下会館”の南入口脇に, 自然石に「発祥の地」のパネルを貼り込んだ石碑と 由来を書いた副碑とが並んで建っている。

和歌山大学経済学部は 1922(大正11)年にこの地に創立された「和歌山高等商業学校」に始まる。1944(昭和19)年 「和歌山経済専門学校」と改称, さらに戦時中の技術者養成のため 一時的に「和歌山工業専門学校」(機械科・電気科)となった。

1949(昭和24)年 新制「和歌山大学」の経済学部として再発足。
1987(昭和62)年 現キャンパス(和歌山市栄谷=この地より北に8km)に移転

写真

  • 経済学部発祥の地
  • 経済学部発祥の地

碑文

経済学部発祥の地

この石碑は 和歌山大学経済学部発祥の碑である

和歌山大学経済学部の前身である和歌山高等商業学校は 大正十一年十月 この地に創立された

その後 同校は太平洋戦争最中の昭和十九年五月 和歌山工業専門学校に転換され 高等商業学校の名称を 経済専門学校に改められた

戦後 昭和二十一年四月 和歌山工業専門学校は 和歌山経済専門学校に再転換され 昭和二十四年五月 新制大学発足と共に 和歌山大学経済学部となった 昭和二十九年四月 和歌山大学経済短期大学部が併設された

昭和六十二年八月 和歌山大学 の移転統合に伴い 経済学部は この地を離れた

平成十年三月

十一代和歌山大学長
小野朝男書

地図

地図

和歌山市西高松1丁目 和歌山大学松下会館 付近 [ストリートビュー]