「きび ソフト」発祥の店

きびそふとはっしょうのみせ

沖縄本島から北西に突き出した本部半島の北に古宇利島がある。屋我地島やがじしまから古宇利こうり大橋を渡って“古宇利島ふれあい広場”の向かい側の“海の家YOSHIKA”に『「きびソフト」発祥の店』という看板が出ている。

きびソフト発祥の店

「きびソフト」は、外観は普通のコーン(又はカップ)に入れたソフトクリームで、その上にさとうきびで作ったキャラメルソースをかけてある。味わった人の話では 濃厚でとても甘く、すぐにソフトクリームが溶けだして 手がベトベトになるとか。

公表された情報がないため その由来などはよくわからないが、ほとんどこの地だけにしかない 非常にローカルな食品らしい。ちなみに 東北や関西地方にも同名のアイスクリームがあるようだが、これらはキビダンゴの材料になる穀物のキビを使ったもの。

古宇利島は、直径2Kmほどのほぼ円形の小島で、サンゴ礁の隆起によってできた島。人口は350人ほど。南に位置する屋我地島との間に“古宇利大橋”(長さ2km)が 2005年に開通し、さらに屋我地島と沖縄本島の間にも橋があるため、車で往復できる。かつては船便でのアクセスだったが、橋ができてからは観光地としての開発が盛んである。

かなり脱線してしまうが、古宇利島から紀元前の土器が出土し、沖縄の“人類発祥の島”ともいわれる。(参考:ウィキペディア

【リンク】海の家YOSHIKA

写真

  • 海の家YOSHIKA
  • きびソフト
  • きびソフト発祥の店

碑文

日本初! 「きびソフト」発祥の地

  YOSHIKA
 「さとうきび」でつくったキャラメルソース

地図

地図

今帰仁村古宇利 付近 [ストリートビュー]