RCC 発祥の地

ろっくくらいみんぐくらぶはっしょうのち

阪急電鉄 神戸本線 芦屋川駅から北西に1.5km。芦屋川に沿って北に進むと,10分ほどで住宅地から六甲山に入る。さらに進むと“滝の茶屋”がある。ここを抜けるとすぐに“高座の滝”に達する。高座の滝は落差10mほどの夫婦滝で,昔は修験者の道場だったという。

滝の左側の壁面にレリーフが取り付けられている。

19世紀にヨーロッパでロッククライミングが行われるようになって半世紀後,大正時代に日本でもようやく西洋式の登山が行われるようになり,1924(大正13)年に新聞記者だった藤木九三氏がヨーロッパから帰りロック・クライミング・クラブ(RCC)を結成した。RCCは六甲山の芦屋ロックガーデンを活動の場として,日本の登山界に初めてロッククライミングを紹介した。

芦屋ロックガーデンは,高座の滝から更に登ったところにあり,風雨によって花崗岩が浸食されて造りだされた特異な景観地で,途中鎖を伝って上る場所もある。ここでロッククライミングが行われたことにより「近代登山の発祥地」とも呼ばれている。

芦屋ロックガーデンには環境庁が設置した案内板が建っている。

藤木像のレリーフは槍ヶ岳にも設置されている。

写真


旧URL
https://www.hamadayori.com/hass-col/sports/RCC.html

碑文

R.C.C.(1924)発祥の地

藤木九三翁像(1963)建之

ロックガーデン

「ただひとりとかげ極めこむ日もありて物音絶えし岩場なりしか」と富田粋花の詩のとおり,花崗岩が風雪の侵食によって、つくりだされた特異な景勝地,大正13年(1924)ごろからロック・クライミング・クラブの人々によって,登山練習がはじめられた近代登山の発祥地である。

環境庁・兵庫県

RCC発祥の地(レリーフ)

地図

地図

東灘区本山町森 付近