日本で最初の鉄道トンネル

にっぽんでさいしょのてつどうとんねる

石屋川沿いの石屋川公園に「日本で最初の鉄道トンネル・旧石屋川隧道記念碑」と書かれた案内板があり, トンネルの歴史と建設当時の工事写真が掲示されている。東海道線と石屋川が交差する地点の鉄道高架下に、四角柱を斜めに切り落としたような形の碑が建っている。

六甲山を背にして瀬戸内海にひらけている 西宮~神戸間は, 急勾配の短い川が何本も流れている。 これらの川は土砂の堆積によって, 川底が周囲の平地より高くなった「天井川」になっているものが多い。東海道線の敷設工事をする際に, 天井川だった 芦屋川・住吉川・石屋川 については 川の下にトンネルを掘って線路を敷く工法が採られた。その中で 最初に工事が完成した石屋川トンネルが「日本で最初の鉄道トンネル」とされている。

現在の東海道線の 大阪~神戸間は, 日本で2番目の鉄道として 1870(明治3)年に着工され, 1874(明治7)年に開通した。石屋川トンネルはこの時に建設された。(1871=明治4年) 1919(大正8)年には 東海道線と電車線(神戸線)を分離するために 複々線化工事が行われ, この際に線路は高架化されて 石屋川の上を通過するように変更になり, 石屋川トンネルは消滅した。

写真


旧URL
https://www.hamadayori.com/hass-col/transp/IsiyagawaTunnel.htm

碑文

日本で最初の鉄道トンネル

 旧石屋川隧道記念碑  旧石屋川隧道は, 日本で最初の鉄道トンネルとして 建設されました。その当時から石屋川が天井川を形成 いていたため, 困難な川底トンネルを掘らなければ なりませんでしたが, イギリス人技術者の設計・監督 により, 明治4年7月に完成しました。
 この隧道は石屋川の下を横断し, 延長が200フィート(64m)ありました。
 工事方法は, 川の流れを木製の仮水路に変え, 川底 を掘り下げ, レンガを積み重ねてトンネルを作りながら 川を元に戻す方法が採られました。

明治3年10月22日(1870)
着工
明治4年7月(1871)
完成  隧道形式 : 単線円形
隧道延長 : 200フィート(61m)
隧道高 約13フィート(約4m)
隧道幅: 14フィート(4.1m)
明治7年5月11日(1871)
大阪・神戸間に鉄道が開業
明治27年(1894)
複線化工事(トンネル側壁下部を垂直に改築)
大正8年(1919)
複々線工事のためトンネルを解体
のちに跨線水路橋の下に線路が敷かれた。
昭和51年10月(1976)
高架工事により, 線路が石屋川を跨ぐ形で現在に至る

地図

地図

東灘区御影1丁目 付近