愛知の保育 此処に始まる

あいちのほいくここにはじまる

東海道本線 大高駅の北東200m。鷲津山の麓に「子供の家保育園」がある。その奥に「明忠院」という 曹洞宗の寺があり, 門をくぐるとすぐに苔むした「愛知の保育此処に始まる」と刻まれた碑がある。碑の裏面には 何やら彫られているようなのだが, 全く判読不可能。

更に この碑から一段高い所に「幼児保育の父」という碑も建っている。

大正10年(1921), 明忠院の住職 服部賢準氏が, 父母が農作業中に田畑などに放置されたままの幼児を見て 幼児保育の必要性を痛感し,寺の本堂で 農繁期の幼児保育を始めたのがきっかけ。翌年 託児施設「子供の家」を開所。これが現在の「子供の家保育園」で,戦後 昭和24年(1949)に 愛知県における第1号の保育園として認可を受けた。

「此処に始まる」碑は 昭和45年(1970)に「子供の家」創立50周年を記念して建立された。

写真

  • 愛知の保育此処に始まる
  • 愛知の保育此処に始まる
  • 幼児保育の父碑 背面
  • 幼児保育の父

碑文

愛知の保育此処に始まる

愛知県知事 桑原幹根 書

贈 子供の家創立者 服部賢準 師

幼児保育の父

曹洞宗管長 瓏仙

昭和三十五年十月二十三日

工事施工者
犬山市坂下 松山石材店

地図

地図

緑区大高町 付近