百十四銀行 創業の地

だいひゃくじゅうしぎんこうそうぎょうのち

 
調査:
2019年12月(写真 まさ・なち さん)

明治11年(1878)に国立銀行法に基づいて設立した第百十四国立銀行。明治31年(1898)には営業満期により国立銀行から普通銀行へ転換、その後、多くの銀行と合併を繰り返して飲み込み、香川県最大にして、県内のメインバンクとしては次点の香川銀行の2倍のシェアを誇る。昭和41年(1966)に本店を高松市亀の井に移転した。

琴電 片原町駅から西に約400m、百十四(ひゃくじゅうし)銀行高松支店入口の左側に小さめの石碑が立つ。

なんだかお茶目な銀行ですね。

写真

  • 百十四銀行 高松支店
  • 百十四銀行創業の地
  • 百十四銀行創業の地 碑文
  • 百十四銀行創業の地

碑文

百十四銀行創業の地

明治11年(1878年)11月1日第百十四国立銀行としてこの地に創業した

創業百十四周年を記念してこの碑を建てる

平成4年(1992年)11月1日
株式会社百十四銀行

地図

地図

高松市丸亀町 付近 [ストリートビュー]