近代の パン 発祥の地

きんだいのぱんはっしょうのち

2016年11月8日、大桟橋入口交差点近く(中区日本大通5番地付近)の歩道と車道を分ける植え込みに、御影石でできた近代のパン発祥の地の碑の除幕式が行われました。初めてパン屋を開業した内海兵吉さんのお孫さん等も参列したということです。

近代のパン発祥の地

日本で初めてパン屋が開業したのは1860年。幕府が設置した外国人日用食品街お貸し長屋で、フランス人に製法を教わり内海兵吉さんが始めました。その後、イギリス人が開業し、そこで修行をした内木彦太郎さんが元町で開業、これが現在も続くウチキパン。

【リンク】カナコロ横浜市綜合パン協同組合ウチキパン

写真

  • 近代のパン発祥の地
  • 近代のパン発祥の地碑は 電話交換創始碑のはす向かい
  • 近代のパン発祥の地
  • 近代のパン発祥の地 背面(向こうの石碑は電話交換創始碑)

碑文

近代のパン発祥の地

一八五九年、欧米諸国との貿易がはじまるや、幕府は日本大通り五番地の横浜港郵便局を中心とするこの地区に、外国人の日用食品街「お貸し長屋」を建てた。その一角で、内海兵吉は一八六〇年、フランス人にパンの製法を習って「パン屋」をはじめた。

当初は「焼き饅頭」のようなものができた。だが、これが現代日本人の日常生活につづくパン食文化の始めである。パンの元祖「富田屋」として知られた。

その後、イギリス人クラークのパン屋「ヨコハマベーカリー」が、登場する。ここで修行し、受けつぎ発展したのが内木彦太郎の元町「ウチキパン」で、イギリス流の山型食パンである。

現代日本の日常生活に根づくパン食文化「パン屋」が始まったこの地区に、横浜市中区制九〇周年を記念し「近代のパン 発祥の地」を設置する

二〇一六年十一月
設置者 横浜市綜合パン協同組合
全国パン協同組合連合会

地図

地図

横浜市 日本大通り 付近