三国丘 高等学校 発祥之地

みくにがおかこうとうがっこうはっしょうのち

阪堺電車 宿院しゅくいん停留場から 250mほど東に「開口あぐち神社」がある。神社の西側入口附近に, 黒い五角形の板が3枚重なったような 珍しい形の石碑が建っている。

三国丘高校は, 1895(明治28)年に ここ開口神社の境内に開設された「大阪府第二尋常中学校」 が起源である。翌 1896年に 現在地(堺市堺区南三国ケ丘町2)に校舎を新築して移転した。その後「大阪府堺中学校」「大阪府立堺中学校」と改称。太平洋戦争後の 1948(昭和23)年に 学制改革により「大阪府立三国ケ丘高等学校」となり, 同時に男女共学化。 2001(平成13)年に 正式校名が「大阪府立三国丘高等学校」と改称された。

「開口神社」は 奈良時代以前に創建さたと言われる 非常に歴史のある神社。境内が広かったためか, それぞれ短期間ではあるが, 1874年に女紅場にょこうば(泉陽高校), 1889(明治22)年 堺市役所, 1895(明治28)年 府立第二尋常中学(三国丘高校), 1899(明治32)年 堺幼稚園(第一幼稚園)などが境内に開設された。

写真

  • 三国丘高等学校発祥之地
  • 三国丘高等学校発祥之地
  • 三国丘高等学校発祥之地 碑陰

碑文

大阪府立三國丘高等學校發祥之地

明治二十八年、当神社境内にあった旧堺市庁舎を仮校舎として大阪府第二尋常中学が開校した。翌年本校舎が完成し、現在地(三国ケ丘)に移転したが、移転後も約一年寄宿舎は当境内にあった。
その後校名を堺中学校に改め、昭和二十三年学校改革によって三国丘高等学校となり今日に至った。
創立百十周年にあたり、発祥の地を後世に伝えるべく碑を建立する。

平成十七年十一月十一日

大阪府立三国丘高等学校三丘同窓会

地図

地図

堺市甲斐町東2丁目 付近 [ストリートビュー]