三国丘 高等学校 発祥之地

みくにがおかこうとうがっこうはっしょうのち

阪堺電車 宿院しゅくいん停留場から 250mほど東に「開口あぐち神社」がある。神社の西側入口附近に, 黒い五角形の板が3枚重なったような 珍しい形の石碑が建っている。

三国丘高校は, 1895(明治28)年に ここ開口神社の境内に開設された「大阪府第二尋常中学校」 が起源である。翌 1896年に 現在地(堺市堺区南三国ケ丘町2)に校舎を新築して移転した。その後「大阪府堺中学校」「大阪府立堺中学校」と改称。太平洋戦争後の 1948(昭和23)年に 学制改革により「大阪府立三国ケ丘高等学校」となり, 同時に男女共学化。 2001(平成13)年に 正式校名が「大阪府立三国丘高等学校」と改称された。

「開口神社」は 奈良時代以前に創建さたと言われる 非常に歴史のある神社。境内が広かったためか, それぞれ短期間ではあるが, 1874年に女紅場にょこうば(泉陽高校), 1889(明治22)年 堺市役所, 1895(明治28)年 府立第二尋常中学(三国丘高校), 1899(明治32)年 堺幼稚園(第一幼稚園)などが境内に開設された。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/school/Mikunigaoka.htm

地図

地図

堺市甲斐町東2丁目 付近 [ストリートビュー]