新潟県 砂防 発祥の地

にいがたけんさぼうはっしょうのち

妙高はねうまライン 新井駅から西へ8.5km、万内川砂防公園に入って駐車場の向かいに大きな案内看板があり、そこで「砂防発祥の地」であることが謳われていたが、令和元年(2019) 頃に施設が改修され看板はそこにあるものの表示する内容が変わり表示されなくなった。

写真


碑文

万内川砂防公園ばんないがわさぼうこうえん総合案内

万内川の砂防事業さぼうじぎょう ~新潟県にいがたけん砂防さぼう発祥はっしょう

万内川は、妙高山麓みょうこうさんろく泡立山あわだちやま(粟立山)の北から流れる長さ約7km、広さ約30k㎡のれた河川かせんで、山崩やまくずれや土砂どしゃ流出りゅうしゅつによる災害さいがい度々たびたび引き起こしていました。
そのため、大正10年から県下けんか初の砂防事業が始められ、事業は現在げんざいも続けられています。
今まで造られたいろいろな砂防施設しせつは、上流からの土砂流出をコントロールして災害の発生はっせい貴重ふせいでおり、新潟県の砂防発祥の地として、貴重きちょう歴史的遺産れきしてきいさんとなっています。

地図

地図

妙高市大字西野谷 付近 [ストリートビュー]