我国 西洋 歯科医学 発祥の地 (移転)

せいようしかいがくはっしょうのち

横浜中華街の 関帝廟から南に進むと, 神奈川県駐労会館の前に 赤茶色の石碑が建っている。

横浜開港の2年後、アメリカ人歯科医 イーストレーキが 博物学者として東洋の昆虫採集のため来日し、生活の手段として 横浜に歯科診療所を開設した。 治療活動のかたわら 日本人歯科医師の育成にも努力した。

記念碑のあるこの地は イーストレーキの診療所ゆかりの地である。

この発祥の地碑の 北東約500メートルの場所に, 「西洋歯科医学勉学の地」という記念碑がある。

イーストレーキとは別に, セント・ジョージ・エリオットは, 1870(明治3)年に この地で歯科診療所を開業, 後任の ハラック・マーソン・パーキンスは 多くの日本人に 歯科医学の指導を行った。この時代には 多くの外国人が 日本に近代医学・科学を 日本にもたらしたことがわかる。

移転していました

その後、碑が建っていた場所は駐車場として整備され、中区住吉町にある神奈川県歯科医師会前に移設された。勉学の地も碑があった場所の建物が取り壊され、同じく歯科医師会前に並んで移設された。

写真

  • 我国西洋歯科医学発祥の地
  • 我国西洋歯科医学発祥の地
  • 我国西洋歯科医学発祥の地
  • 我国西洋歯科医学発祥の地
  • 西洋歯科医学勉学の地
  • 西洋歯科医学勉学の地
  • 西洋歯科医学勉学の地
  • 西洋歯科医学勉学の地
  • 西洋歯科医学勉学の地
  • 西洋歯科医学勉学の地

地図

地図

関帝廟 付近 [ストリートビュー]