日本 漁業 発祥の地

にっぽんぎょぎょうはっしょうのち

国の指定史跡にもなっている、北陸では最大級の縄文遺跡、真脇遺跡。その一角に真脇遺跡縄文館(鳳珠ほうす郡能登町字真脇48-100)が建ち、その前にイルカのレリーフになった石板が置かれている。

写真


碑文

日本漁業発祥の地

真脇遺跡は、発見されたイルカの多さから、イルカ猟を主生業としたムラと考えられていますが、私たちが想像する以上に組織的な漁業基地であり、加工工場的なムラであったと思われます。そのような組織ができていなければ、4千年以上に及ぶムラの継続は考えられません。その■て真脇遺跡は「漁業発祥の地」と言えます。

平成9年11月
能都町町 山瀬 秀

地図

地図

能登町 付近 [ストリートビュー]