つべつ 玉葱 発祥之地

つべつたまねぎはっしょうのち

石北本線 美幌びほろ駅から 南に10km。美幌方面から 国道240号を南下し,活汲かっくみ中学校の手前を左折,活汲橋を渡って500m先に 岩冨公民館がある。公民館の前庭に,1mx1.8mの鉄平石を 1.2mの高さに積み上げた台座の上に,高さ1.7mの白い御影石に 「つべつ玉葱発祥之地」と刻まれた記念碑が建っている。

津別町は 1902(明治35)年に福島県からの入植があり,その後 北陸・東北からの入植者によって開拓された。当初は 麦・ジャガイモなどが栽培されたが,大正初期からハッカや豆類などが作られるようになった。 タマネギは 昭和40年代から生産されはじめた 比較的歴史の浅い作物である。

なお,北海道のタマネギの発祥の地碑は,札幌市・富良野市・美幌町にもあるが, その中で 津別町のものは最も新しく建立された。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/agri/TamanegiTubetu.htm

碑文

つべつ 玉葱発祥之地

碑文

 津別町の玉葱の創始は,昭和四十年網走川沿いの肥沃な岩冨の大地に,矢作敏夫氏が直播で20アール作付したのに始まる。
 病害,雑草と闘いながらも昭和四十五年には,岩冨で1.2ヘクタールとなり,昭和四十六年には 耕作者7名で13ヘクタールと広がり「北見玉葱」が 日本一の産地となった原動力となる。
 昭和四十七年四月,津別町玉葱振興会が,共計共販を目的に設立される。又,指定産地に伴う集出荷施設が建設される事になり,初代会長に,細川昇氏が就任され,「良い玉葱,作る心が産地を守る」を合言葉に達美・共和・恩根・本岐地区でも栽培されるようになり,爾来20年,一般畑作の低迷の進む中,会員45名,面積255ヘクタールとなる。
 ここに先駆者の偉業を讃えると共に,20周年 を記念し,この創始の地に碑を建立する。

平成四年二月十四日

津別町玉葱振興会
二十周年記念事業協賛会

地図

地図

網走郡津別町岩富 付近 [ストリートビュー]