上田五十騎 発祥之地

うえだごじゅっきはっしょうのち

JR上越線の六日町駅から東南東に1.5Km。坂戸山の麓に国の史跡・坂戸城跡がある。城跡を示す標石の隣に「上田五十騎発祥之地」と刻まれた小型の石碑が建っている。

上田五十騎発祥の地

上田城は南北朝時代に上田長尾氏の本拠となり、戦国時代に房長・政景が出て強豪となった。当時府中(現・上越市)の春日山城には長尾景虎(後の上杉謙信)がいて対立したが、政景が景虎の姉(仙桃院)と結婚することで協調関係ができた。

景虎は政景の死後、その子顕景(後の上杉景勝)を養子とし、坂戸城は春日山城の番城となり、1598(慶長3)年に上杉氏が会津に転封されるとともに堀氏が入り、堀氏が飯山に転封されるに伴って廃城となった。

坂戸城跡には城主館と家臣団の屋敷跡などが残り、その背後の坂戸山には大規模で堅固な山城の遺構が残っている。

上杉景勝と重臣・直江兼続は、この坂戸城に生まれ育った。

景勝は“御館の乱”で景虎を倒して上杉家の後継者の地位に就いたが、そこで景勝派の主力となったのが“上田衆”と呼ばれる家臣団で、兼続ももとは上田衆の一人であった。上田衆のルーツは上田長尾氏の家臣団にある。それが長尾政景の死後謙信の家臣となり、謙信の軍のなかでも最強として恐れられる存在になって いった。上田衆は当初坂戸城下に住み、平時は使用人たちを働かせて農業経営を行った地主であり、同時にいざ戦争という時には武器を持って最前線に立った。

御館の乱が起きると、景勝はそれまで景虎がいた春日山城を占拠したが、その入城の際に城門を守ったのが上田衆であった。そうした上田衆の中でも特によく知られているのが、春日山入城の際に選ばれた五十人の精鋭たち「上田五十騎衆」である。

御館の乱で景勝が勝利すると、政権は上杉一門、国衆、謙信旗本と上田衆が支えるようになり、なかでも上田衆は政権の中枢をになう存在となった。景勝の腹心の直江兼続は上田衆の樋口家の出身であり、大きな力を持つようになった。

上田城入口の駐車場には、次のような上田城の解説が掲示されている。

国指定文化財
史跡  坂戸城跡

南 魚沼市は、古来魚野川流域の中心地で、交通・軍事上の要地であった。南北朝動乱後、上田長尾の本拠となり、戦国時代には房長、政景が出て強豪となり、春日 山城の長尾景虎(後の上杉謙信)と対立するに至った。景虎はこれを屈伏させ、やがて政景が死ぬと、その子(景勝)を自分の養子とし、坂戸城を掌中にした。
以来坂戸城は春日山城の支城となったが、慶長3年以後、堀直寄が在城した。下坂戸集落東方傾斜面の杉林の中に、城主の館や、家臣屋敷の跡が残り、またその背後の坂戸山(634m)には、大規模で堅固な山城遺構が残っている。
昭和54年3月12日、国の文化財に指定された。
南魚沼市

写真

  • 上田五十騎発祥の地
  • P1060745上田五十騎発祥の地

碑文

上田五十騎発祥之地

地図

地図

坂戸 坂戸城跡 付近