白石村 水田 発祥の地

しろいしむらすいでんはっしょうのち

札幌市営地下鉄東西線 白石しろいし駅から 北西に1km。白生公園の北西隅に 白石区役所が建てた“白石歴しるべ”の「白石村水田発祥の地」と, その近くに「開田碑」と刻まれた石碑が建っている。

1871(明治4)年 戊辰戦争に敗れた仙台藩白石領(現・宮城県白石市)からこの付近に入植し, 白石村が誕生した。当時 北海道では米が栽培できないとされ 農家は畑作を行っていたが, 米食への思いを断ち切れず 何回も稲の栽培を試み, 1883(明治16)年になって 初めて収穫を得ることができた。

北海道各地でも 米作が行われ「水田発祥の地」も各地に見られるが, 白石地区の水田経営の特徴は, 20数戸が共有の田を持って 共同経営したことにある。 旧仙台藩士としての堅い団結心と信頼感が 成功の重要な要素だった。

北海道内の発祥の地碑として数多く水田発祥の地が数えられるが、《北海道「水田発祥の地」記念碑》という書籍が発行されるほどである。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/agri/SuidenSiroisi.htm

地図

地図

白石区中央三条5丁目 白生公園 付近 [ストリートビュー]