我国に於ける 電気 鉄道 事業 発祥の地

わがくににおけるでんきてつどうじぎょうはっしょうのち

「電気鉄道事業発祥の地」の碑は 2個所にある。一つは 京都駅から南に 約6km。伏見下油掛町の交差点に面して“鉄道友の会”が建てた 小型の石碑。4月1日の廃止直前となる1970年(昭和45年)2月に建てられた。

内容は、開通80周年を記念して建てられた京都駅近くの石碑と同様なので、そちらを参照。

電気鉄道事業発祥の地

写真


旧URL
https://www.hamadayori.com/hass-col/transp/denkitetudo.htm

碑文

我国に於ける
電気鉄道事業発祥の地

明治廿八年二月一日 京都電気鉄道株式会社は 京都市下京区東洞院通東塩小路踏切(旧東海 道線) 南側から伏見町油掛通まで 電気鉄道を 我国において初めて開業した

昭和四十五年二月一日

鉄道友の会京都支部

電気鉄道事業発祥の地碑(伏見)

地図

地図

京都市伏見区下油掛町 付近 [ストリートビュー]